お金借りたい キャネット

キャネットとはどんな街金?

キャネットとは札幌市に本店を置く街金です。
また本店の他に札幌店・札幌駅前店・旭川店・函館店・五稜郭店・帯広店と支店も置いているため、この地域に住んでいる人には同じの街金と言えるでしょう。

 

キャネットの創立は平成15年7月と比較的新しい街金であるため、カードローン以外にもマイカーローンも利用できる便利なキャッシングサービスとなっています。

 

キャネットは街金やサラ金の中でも多くの人が口コミで紹介していることから人気のある中堅消費者金融であると言えるでしょう。

 

キャネットを利用する条件については以下のようになっています。

 

キャネットの利用は北海道に住んでいることが条件

キャネットでお金借りたい場合、基本的には北海道に住んでいることが利用の条件となっていてそれ以外の地域の人は利用できませんが、それでもホームページの専用フォームや郵便・FAXからの申込みならば利用が可能となることもあるようです。

 

更にキャネットを利用するには20歳以上の安定収入がある人であることが条件となっています。

 

キャネットのローンはその名も「ローン」

キャネットには2つの商品がありますが、その内の1つであるローンには特別名前がついていないため、ホームページでも「ローン」としか表示されていません。

 

キャネットの利用はカードを発行してATMからキャッシングするものでなく、振込みによる借入れのみとなっているためカードローンとは言えませんが、以下でその内容について紹介していきます。

 

ローンは新規で最大50万円まで借入可能

ローンの内容については以下のようになっています。

  • 利用限度額:300万円(新規の場合には5万円〜50万円)
  • 金利:年15.0%〜20.0%
  • 最低返済金額:3,000円以上

キャネットでお金借りたい場合、初めての利用の場合には利用限度額は最大で50万円となります。また既に取引経験のある人については最大300万円が利用限度額となるので、キャネットを長く利用する人に有利になるシステムと言えるでしょう。

 

返済は最低3,000円からとなっていますが、借入金額が10万円増えるごとに3,000円の加算となりますので、借り過ぎには注意が必要です。

 

キャネットは専業主婦の利用可能

大手の消費者金融の場合には総量規制が施行されてから専業主婦の利用を不可としています。

 

それでも街金やサラ金の中には大手では取扱いのない専業主婦の借入れの対応もすることで、大手の知名度や人気に対抗できるサービスを展開している所もあるのです。

 

その中の1つがキャネットであり、配偶者の同意や必要な書類の提出をすることで専業主婦でもキャッシング可能になる場合もあります。

 

キャッシング手続きは来店か電話から

キャネットでお金借りる場合、振込み依頼が必要となるのですが手続き方法は来店か電話となります。

 

来店で申込みする場合には30分で手続き完了も可能となるため、即日融資でお金借りれる方法については来店による申込みや振込み手続きが必須となるでしょう。

関連ページ

街金のアローでお金借りたい!フリープランは使い道自由
街金のアローは名古屋市に本店を置く街金です。アローでお金借りたい場合にはカード無しで利用できる振込キャッシングが利用可能です。またアローにはキャッシング商品のフリープランの他におまとめローンも利用可能となっているため、借金を一本化したいと考えている人には便利にお金借りれる所と言えるかも知れません。
街金でお金借りたい!スカイオフィスのスピードキャッシング
スカイオフィスは福岡県博多区に店舗を置く街金です。店舗は1店舗のみとなっていますが、インターネットからの申込みが可能になっているので全国どこの都道府県でも来店なしで申込み手続きが可能になります。借入れや返済は振込みだけとなっているので、利用時間には注意が必要になります。
おまとめや女性専用もあり、街金フクホーのキャッシング
フクホーは大阪市浪速区に本社を置く老舗の街金です。フリーキャッシングやおまとめローンの2つが用意されていて、更に女性でも安心して利用できるレディースキャッシングもあります。またコンビニでも契約書類の出力やプリントが可能になっているため、フクホは即日融資でお金借りれる所とはなっていませんが、少しでも時間の短縮ができるでしょう。
カードローンで便利にキャッシング!街金のライフティ
街金のライフティにはキャッシングカードが用意されているため、カードでも借入れできるため便利にお金借りれる所と言うことができるでしょう。セブン銀行ATMからのキャッシングも可能になっているため、街金としては珍しいサービスと言えますし、ポイント制度もあるのでオトクに利用できるサービスとなっています。