お金借りたい 銀行カードローン

銀行カードローンは敷居が高く借りにくい?

どうしてもお金借りたい時、借入先の選択肢として銀行カードローンの利用も検討することと思いますが、その際に銀行カードローンを除外してしまう人もいるでしょう。

 

なぜならば銀行カードローンの場合、低金利での借入が可能ですがその分審査が厳しくなっているからです。

 

そのことを口コミなどの評判を見て知った人は、銀行カードローンは敷居が高くて借りにくい、自分にはお金借りれる所とはとても思えないという理由から、銀行での利用を諦めて消費者金融などに申込みをすることでしょう。

 

それでは銀行カードローンは本当に自分にはお金借りれる所とは思えないほど敷居が高くて借りにくい金融機関なのでしょうか?

 

銀行カードローンの申込み、その流れとは?

銀行カードローンの敷居の高さや借りにくさについて説明する前に、申込みの流れについて紹介しておくことにします。

 

銀行カードローンからお金借りたい時の申込みの流れは次のようになっているのです。

  1. 申込
  2. 審査
  3. 契約
  4. 借入

どんな人であっても銀行カードローンで借入するにはこのような手順で手続きを進めて行く必要があります。

 

申込はネットならいつでもどこでも可能

申込みはネットからでもカンタンにできるため、時間をかけることなく素早く終了することができます。

 

借入を希望する銀行のホームページの申込みフォームにパソコンやスマートフォンで必要な項目の入力をするだけなので、どこにいても24時間365日申込することができるのです。

 

ただしカードローン利用には多くの銀行で預金口座が必要になることが多く、カードローンの申込と同時に新規口座開設の申込も必要になる場合もあります。

 

銀行の審査は消費者金融より厳しめ

銀行カードローンでお金借りたい時には、まず申込後に実施される銀行や保証会社の審査に通る必要があるのです。

 

銀行カードローンを利用するための条件は以下のようになっています。

  • 20歳以上であること
  • 継続的な安定収入があること
  • 保証会社の保証が受けられること

20歳以上であり毎月一定の収入があれば審査が通る可能性はありますが、返済が難しくなった時には代位弁済により保証会社が代わりに借金の支払いをすることになるのです。

 

そのため、保証会社の保証を受けられることも借入の条件として必須となり、銀行と並行して審査も行っているのです。

 

銀行の審査は消費者金融と比較するとチェックされる項目が多いのが特徴であり、それだけ審査が厳しくなると言えます。

 

契約手続きは時間に注意

銀行カードローンの審査に無事に通過すると契約手続きに入りますが、その際には本人を確認できる運転免許証や健康保険証などの提出が必要になります。

 

また一定の金額を超える借入の場合には、収入を証明する書類の提出も併せて必要になるんです。

 

ただし即日融資でお金借りたいという場合には平日14時頃までに契約が完了している必要があるため、書類の準備ができていても契約手続きが何時に完了するかは申込の込み具合や審査状況にも左右されてしまいます。

 

即日の借入は難しい場合が多い

大手銀行ならば大手の消費者金融が保証会社になっていることもあり、その場合には審査が早く終了する可能性もあります。

 

それでも借入のシステムは消費者金融と大きく異なっているため即日の借入は難しくなる場合が多いのです。

 

銀行で即日融資を受けるには既に預金通帳やキャッシュカードを持っていることが必要であり、キャッシュカードとローンカードとの兼用により即日での借入が可能となる場合が多くなっています。

 

また消費者金融だと振込みや自動契約機での当日カード発行などで当日中の借入にも対応してくれますが、銀行カードローンの場合には振込キャッシングで借入できない場合もあるのです。

 

また銀行カードローンで自動契約機を用意しているところはほんの一部であり、それ以外の銀行でカードが発行される場合には郵送となるため、銀行口座がない場合にはカードでは即日借入はできないことになります。

 

銀行カードローンならココが人気!

銀行カードローンは大手からネット銀行、地方銀行など特色がハッキリしている所が多いですよね。その中でも人気なのが以下の銀行となっています。

  • イオン銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • オリックス銀行
  • りそな銀行

このようにやはり人気なのは知名度や便利さから大手銀行やインターネット専業となっているネット銀行と言えるでしょうね。

 

トータルで考えるなら銀行カードローンより消費者金融の方が便利

銀行カードローンは消費者金融で借りるよりも体裁が良いと考える人も多く、確かに金利も低めとなっています。

 

それでも低金利なだけに審査はどうしても厳しくなりますし、チェックされる項目も多くなるのです。

 

また即日融資には銀行口座の保有が必要となる場合も多く、普段付き合いのある銀行でしか即日融資が期待できないと言える部分もあります。

 

銀行カードローンは多くの人がイメージしているように敷居が高く借りにくいと言える部分もあるため、特に即日でお金借りたい人ならばトータルで考えると銀行カードローンより消費者金融の方が便利と言えるでしょう。

みずほ銀行カードローンには2つの商品があるみずほ銀行と言えば三大メガバンクの1つであり、株式会社みずほフィナンシャルグループの一員となっている会社であり、1999年に第一勧業銀行、富士銀行、日本興業銀行の3行が全面的統合・契約締結しています。そんなみずほ銀行は2つのカードローン商品を提供していますが、大手銀行であるため個人の借入とは無関係のようなイメージを持っている人もいるかも知れませんね。それで...

りそな銀行カードローンとはどんな商品?りそな銀行は株式会社りそなホールディングスのグループ会社であり、都市銀行としては珍しく大阪に本店を置く銀行です。その理由は大和銀行、近畿大阪銀行、奈良銀行の3行により設立された大和銀行ホールディングスがその前身となっていることにありますが、その後りそな信託銀行とも合併して現在に至っています。現在国内で数少ない都市銀行の1つであり、大手ということで安心感もありま...

イオン銀行カードローンとは?イオン銀行はイオンモールや大型スーパーマーケットのAEONでも有名なイオングループに属しています。イオン銀行の誕生については、イオン株式会社が2006年3月に銀行業への参入を発表し、翌年10月に金融庁から金融業の営業許可を取得して店舗やATMを開設し営業を開始したことが経緯となっています。また同月にはイオンクレジットサービス株式会社が所属銀行をイオン銀行とすると、11月...

オリックス銀行カードローンは便利にお金借りれる所?ネット銀行で有名な所はいくつかありますが、オリックス銀行のその中の1つと言えますね。オリックス銀行は以前まではオリックス信託銀行株式会社という社名でしたが、2011年10月以降はオリックス銀行株式会社に社名変更されています。無店舗型のネット銀行として商品やサービスの充実をビジネスモデルに掲げてる銀行であり、その中の1つとしてカードローンの提供もある...

三菱東京UFJ銀行カードローンはCMでもお馴染み数ある銀行の中でもメガバンクの1つとなっている三菱東京UFJ銀行とは、それまで多くの銀行と合併を繰り返してきた東京三菱銀行とUFJ銀行が平成18年1月に合併してできた銀行であり、100%の株を保有する株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループの会社となっています。そんな三菱UFJ銀行には「バンクイック」というカードローンがあり、CMで俳優の阿部寛さん...