お金借りたい 主婦

主婦が金欠時に安心してお金を借りれる所と申込条件

主婦がキャッシングを利用する場合には以下の2種類に分類され、別の扱いとして手続きを進めることになります。

  • 働いていて収入のある主婦
  • 家事を専業としていて収入がない主婦

金融機関でお金借りたい場合にはそれぞれの分類により借入先が違って来る場合があります。それでも主婦の場合は収入がなくても無職の人とは違いお金借りれる人となれる可能性があるのです。

 

働いていて収入のある主婦

毎月パート勤めをして一定の収入があっても、あと1万円足りない、あと3万円あったらということもあるでしょう。

 

そんな時でも働いている主婦の人ならば銀行や消費者金融のカードローンでお金借りれる人の条件を満たすことができるため、今すぐにでもキャッシングできる可能性もあるのです。

 

旦那さんに内緒のキャッシングも可能

毎月一定の収入を得ている主婦ならば、旦那さんに内緒のキャッシングも可能です。

 

ネットで申込みするとその後の手続きもネットで済ませることができるキャッシングサービスも多く、一度も来店することなく振込みで借入が可能になるため、旦那さんどころか誰にも見られずにお金借りれることになります。

 

家事専業の収入なしの主婦

家事を仕事としている専業主婦の場合は、お金を稼いでいないため収入なしということになります。ここが利用の金融機関の分かれ道となり、収入のなしの主婦がキャッシング可能なのは、銀行カードローンだけと言えます。

 

その理由は総量規制にあるのです。総量規制とは貸金業法で定められている法律であしり、借入れの総額は年収の1/3までに留まるというものであり、年収が0円の専業主婦の人だと当然借入れできる金額もなしとなるのです。

 

専業主婦がお金借りれる人となるのは銀行だけ

専業主婦が唯一お金借りれる人になっているのは、銀行のカードローンです。主婦本人に収入がなくても旦那さんに安定した収入があれば、借入れは可能になります。

 

同じ収入なしでも無職の人と比べると優遇されていると言えるでしょう。

 

それでも「銀行でお金借りれるなら借りたいけど敷居が高い」と感じる人もいるでしょう。ですが銀行によっては専業主婦専用の申込みフォームが用意されていたり、女性でも安心して利用できるように対応してくれる銀行もあるのです。

 

旦那さんにバレないでキャッシングする方法とは

旦那にはバレないでお金借りたいと思っている人多いようですが、そのためには返済の遅れに注意する必要があります。

 

返済の遅れがあると電話が掛かってきたりハガキなどが郵送されてくることもあるのです。

 

もちろんカードローンのサービス名で電話が来たり郵便物が督促状であることが一目でわかるような心配もありませんが、不審な郵便物として開封されてしまう可能性はあるでしょう。

 

またローンカードや契約書類が郵送されないように、ネットで完結する方法で申込みしたり、大手消費者金融を利用する場合には自動契約機でカードを発行してしまうのも1つの方法と言えます。

関連ページ

アルバイトやフリーターでもお金借りれる人になるための方法
アルバイトやフリーターの人が今すぐお金借りたいという時でも、安定した収入のある20歳以上の人なら審査に通る可能性は充分にあります。申込みの際には入力ミスや嘘の申告に注意し、慎重に手続きを行うことが審査に通りやすくなるコツであり、お金借りれる人になれる方法とも言えるのです。
どうしてもお金借りたい時でもブラックだと難しい?
ブラックとなるには一定のタイミングがあるのですが、ブラックとはそもそもどんなことなのか、またブラックになる原因や登録が抹消されるまでの期間について紹介しています。申込みの審査に通らない場合、ブラックが原因かも知れません。それでも闇金で借りると後悔することになるため利用はおすすめできません。
未成年でもお金借りれる方法と場所とは?
未成年では基本的に金融機関からお金借りれないことになっています。法律で未成年の契約行為を禁止されているのがその理由となりますが、それでも未成年でもお金借りたい場合には一部の学生ローンを利用する必要があります。ただし学生ローンの中にも悪徳業者が混じっている場合もあるので、基本的には成人してから大手を利用するのがおすすめとなります。
今すぐお金借りたい時、無職でも大丈夫?
銀行や消費者金融などの金融機関では無職の人はお金借りれません。それでもキャッシングを希望するのであれば審査の甘い違法業者ということになるでしょう。このような業者でお金を借りることにより後悔する結果となることが多いため利用はおすすめできません。ただし病気や仕事が見つからないなどの理由で無職となっている人については、国の制度を利用することが可能になっています。