お金借りたい 無職

無職やニートだと審査に通らない可能性が高くなる

とにかく今すぐお金借りたい時、正社員や公務員でなくても安定した収入があればパートやアルバイト・派遣社員でもキャッシングすることは可能です。

 

それでも無職やニートの人はお金借りれる人の条件を満たすことができないのです。
金融機関では年収の多い少ないよりも毎月安定した収入がある人にお金を貸しています。

 

そのため、いくら働いている時に高収入を得ていたとしても借入の申込みをする時点で無職となっている場合には、審査に通らない可能性が高くなります。

 

無職が審査に通らない理由

無職の人は毎月安定した収入がないことで審査に通りにくくなってしまうのですが、勤務先がないために審査の際に実施されている在籍確認も取ることができません。

 

申込みの際に嘘の勤務先を申告しても在籍確認でそれがバレてしまい、申込みは取消しとなってしまうのです。もちろん嘘の年収を申告しても同様にバレてしまうでしょう。

 

無職でも審査に通るのはどんな所?

無職でも審査に通るのはどんな所かと言えば、やはり激甘審査ファイナンスくらいかも知れません。審査が甘いということは言い換えれば誰でもお金借りれるということになりますね。

 

誰でも借りれるということは、法外な金利を取る代わりに貸倒れのための対策をキッチリとしている金融業者とも言えるのですが、要するにこのような業者は違法な金融業者ということになります。

 

このような違法な金融業者である「闇金」がどうして無職でもお金を貸してくれるのかと言えば、返済ができない場合には本人以外からも取り立てを行ったり、家の中にある物を勝手に差押えするつもりがあるからでしょう。

 

無職であっても闇金からお金借りたいと考えることは避けるべきですね。

 

無職&ニートの人がお金借りれる方法とは?

無職の人は銀行や消費者金融など安全な金融機関からのキャッシングはできません。それでもどうしてもお金がないという場合には、他に方法がないわけではありません。

 

それは言うまでもなく働くこととなるでしょう。それでも現在の生活からいきなりフルタイムで働くのは辛いということならば、アルバイトパート・派遣社員でも良いので仕事を見つけることが大事になるのです。

 

アルバイトなどを始めることにより安定した収入を得ることや勤務先への在籍確認をクリアすることが可能になります。

 

理由があり無職の場合は制度を利用するのがおすすめ

無職となっている場合、ただ働きたくないという理由の人もいますが以下のような理由がある人もいるでしょう。

  • 病気や怪我で働けない
  • 働きたくても仕事が決まらない

このような場合には国や自治体の制度を利用するのがおすすめとなります。

 

病気や怪我で働けない場合

病気や怪我で働けない場合、休職中ならば傷病手当金という給付金を貰うことが可能ですが、無職の人の場合にはそのような手当がないため、基本的には生活保護を受けることがおすすめとなるでしょう。

 

生活保護費を受給することで金融機関からお金を借りることができない場合でも生活に必要な最低限の資金を確保することが可能になります。

 

また生活保護を受ける場合には医療費の助成もされるため、病気や怪我で働けないことで生活に困っている場合には生活保護を申請してみると良いでしょう。

 

働きたくても仕事が決まらない場合

働きたくても仕事が見つからないという無職の人にも助かる国の制度があるのです。

 

それは「生活福祉資金制度」と制度であり、生活保護費のような給付金でなく貸付であるため返済する必要がありますが、金融機関からの借入ができない場合にも利用できる制度となっています。

 

生活福祉資金制度とは以下のような内容となっているのです。

  • ハローワークで求職申込みをしていることが条件
  • 金利は1.5%〜3.0%と低金利
  • 保証人不要(連帯保証人が付く場合無利子になる)

このように働きたくても仕事が決まらない、そのために生活に困っていて今すぐお金借りたいという無職の人は、国や自治体の制度を利用してみると良いでしょう。

 

関連ページ

アルバイトやフリーターでもお金借りれる人になるための方法
アルバイトやフリーターの人が今すぐお金借りたいという時でも、安定した収入のある20歳以上の人なら審査に通る可能性は充分にあります。申込みの際には入力ミスや嘘の申告に注意し、慎重に手続きを行うことが審査に通りやすくなるコツであり、お金借りれる人になれる方法とも言えるのです。
どうしてもお金借りたい時でもブラックだと難しい?
ブラックとなるには一定のタイミングがあるのですが、ブラックとはそもそもどんなことなのか、またブラックになる原因や登録が抹消されるまでの期間について紹介しています。申込みの審査に通らない場合、ブラックが原因かも知れません。それでも闇金で借りると後悔することになるため利用はおすすめできません。
主婦はカードローンでお金借りれる人となる?
主婦がキャッシングする時には収入のある主婦と収入のない主婦に分類され、収入がない場合には消費者金融でのキャッシングは不可となっているのです。ただし銀行ならば専業主婦でもお金借りれる人となれるため、同じ収入なしでも無職の人よりも優遇されていると言えるでしょう。
未成年でもお金借りれる方法と場所とは?
未成年では基本的に金融機関からお金借りれないことになっています。法律で未成年の契約行為を禁止されているのがその理由となりますが、それでも未成年でもお金借りたい場合には一部の学生ローンを利用する必要があります。ただし学生ローンの中にも悪徳業者が混じっている場合もあるので、基本的には成人してから大手を利用するのがおすすめとなります。