お金借りたい 未成年

お金借りたいなら20歳以上が基本

【参考:即日キャッシング広場「18歳、19歳の未成年でもお金は借りられる?」

 

近頃、選挙権を持つ人は18歳以上となり公民権を行使できる年齢が2歳引き下げられました。

 

それでも大人として扱われるようになったのは選挙権だけであり、金融機関からのキャッシングについては未だに20歳以上が利用可能となっているのが現状です。

 

そのため未成年はお金借りれる人の中に入ることはできません。法律で未成年者が単独で契約を行うことを禁止しているからであり、もし未成年の人が勝手に契約を結んだとしても親がその契約を解除をすることが可能となっているのです。

 

そのためキャッシングについても金融機関では未成年者を利用者として認めていません。

 

未成年者でも借りれるキャッシングはある?

基本的に18歳や19歳の未成年の人はキャッシングを利用できないことになっています。

 

ただし、中には学生ローンを取扱っている専門業者があり、一部では18歳以上(高校生は不可)の未成年の利用を可能としている場合もあるようです。

 

ただし学生ローンと言っても、借りる本人にアルバイトなどの収入があることや学生証などの提示や親の承諾も必要になるため、未成年が親に内緒でお金を借りるのは難しくなっています。

 

未成年の学生ローンの利用に注意!違法業者の可能性も

学生ローンには一部で18歳以上の大学生や短大生、専門学校生などにも融資をしている業者があります。それでもやはり大手の金融機関より便利ということにはなりません。

  • 借入限度額が少ない
  • 店頭や店内に設置されたATMのみの利用
  • 悪徳業者である可能性もある

このように学生ローンには大手のキャッシングサービスと比較すると、利用する際の便利さや安全性に大きな開きがあるのです。

 

18歳や19歳の未成年である場合、学生であることも踏まえるといくらアルバイト経験があったとしても社会事情に詳しいという人は少ないでしょう。

 

そのため悪徳業者に騙されるということも有り得るため、キャッシングを利用するならば成人して更に人生経験を積んでからの方が良いかも知れませんね。

 

また有名な金融業者の名前とよく似た名前の悪徳業者もあり、貸金業登録をしていない違法業者である場合には、法外な金利を取られることになるため、親に内緒のキャッシングは決してしないようにする必要があるでしょう。

 

基本的にはキャッシングは20歳になってから大手のキャッシングサービスを利用するのがおすすめです。

 

未成年でも結婚している場合にはキャッシング可能?

即日キャッシング大作戦!
金融機関からお金借りたい場合、未成年は利用の対象からはずれますが、結婚をしている場合には成人としてみなされるため、金融機関からのキャッシングは可能になっているんです。

 

これは民法の753条で未成年者でも婚姻をすれば成人とすることができると定められているからです。

関連ページ

アルバイトやフリーターでもお金借りれる人になるための方法
アルバイトやフリーターの人が今すぐお金借りたいという時でも、安定した収入のある20歳以上の人なら審査に通る可能性は充分にあります。申込みの際には入力ミスや嘘の申告に注意し、慎重に手続きを行うことが審査に通りやすくなるコツであり、お金借りれる人になれる方法とも言えるのです。
どうしてもお金借りたい時でもブラックだと難しい?
ブラックとなるには一定のタイミングがあるのですが、ブラックとはそもそもどんなことなのか、またブラックになる原因や登録が抹消されるまでの期間について紹介しています。申込みの審査に通らない場合、ブラックが原因かも知れません。それでも闇金で借りると後悔することになるため利用はおすすめできません。
主婦はカードローンでお金借りれる人となる?
主婦がキャッシングする時には収入のある主婦と収入のない主婦に分類され、収入がない場合には消費者金融でのキャッシングは不可となっているのです。ただし銀行ならば専業主婦でもお金借りれる人となれるため、同じ収入なしでも無職の人よりも優遇されていると言えるでしょう。
今すぐお金借りたい時、無職でも大丈夫?
銀行や消費者金融などの金融機関では無職の人はお金借りれません。それでもキャッシングを希望するのであれば審査の甘い違法業者ということになるでしょう。このような業者でお金を借りることにより後悔する結果となることが多いため利用はおすすめできません。ただし病気や仕事が見つからないなどの理由で無職となっている人については、国の制度を利用することが可能になっています。