3万円借りたい

3万円だけ必要な理由とは?

どうしても3万円だけ必要という場面は意外にも多いようです。またその理由についても同様であり、3万円と言えば1つの目安であったり、ちょっと油断してしまうことでも掛かってしまう金額とも言えるでしょうね。

 

例えば3万円必要な理由とはこんな感じかも知れません。

  • 3万円を結婚式のご祝儀にキャッシングしたい
  • 食費と雑費で3万円必要
  • ガス代に3万円も掛かってしまった
  • 3万円パチンコに負け無駄遣いした
  • 嫁にランドセル買ってこいと言われ3万円必要

このように3万円必要な理由を挙げるといくつもあるのですが、このお金の捻出にはどんな方法があるのでしょうか。

 

どうしても必要な3万円を作り出す方法とは?

3万円という金額は、バイトでお金を作るにしても1日で稼ぐのはムリと言える金額でしょう。

 

またブランドのバッグや服・貴金属などを持っている場合にはブックオフや専門の買取りショップに行くことで即日お金を作ることは可能かも知れません。

 

それでもブランドものや貴金属の価値は流行やレア度によっても変動するものであり、必ずしも3万円以上で買取りして貰えるとは限りませんよね。

 

3万円の捻出、最終的にはお金借りたいというのもアリ?

どうしても必要な3万円、何としてでも作ることができないと困るという時、考えた末に最終的にお金借りたいという結論に達することもあるでしょう。

 

それでもお金借りたいと思う反面心配なこともあると思います。

  • 3万円も貸してくれる所はある?
  • 親や友人から借りれない場合、自分でもキャッシング可能?
  • お金借りたいけど利息は支払いたくない
  • お金借りれても返済できないと怖い人が取り立てに来るかも知れない

できるだけ早く3万円の工面をしたいならば、借金したいと思うこともあるでしょう。それでも自分に3万円ものお金を貸してくれる所はあるのか不安になるかも知れません。

 

そして3万円を親や友人からも借りれない場合には、銀行や消費者金融のキャッシングを利用するという選択肢も出てくるでしょう。

 

それでも困った時のキャッシングはアリと言えるのですが、上記のような心配もあるとは思います。

 

3万円の借入でも銀行や大手の消費者金融なら安心!

本当に必要としている3万円の捻出方法としてキャッシングを選択する場合、それでも審査が通るのかということや利息・取り立てについて不安を感じる場合もあるでしょう。

 

キャッシングを利用するにはまずは申込先の審査に通る必要があります。銀行や消費者金融が審査の際にチェックする項目には違いが見られますが、それでも重視する点は次の2つとなります。

  • 20歳以上であること
  • 安定した収入があること

銀行の審査は消費者金融よりも厳しくなっているため、消費者金融の審査と比べると難易度は上がりますが、それでもどちらでお金借りる場合でもこの2点は大前提となっているのです。

 

言い方を変えるならば、上記の条件を満たしていればどちらでもキャッシングは可能ということになり、その点では安心と言えるでしょう。

 

3万円のキャッシングなら金利や取立ても安心

3万円ほどのお金借りたいと考える時、利息のことが頭をよぎる場合あると思います。

 

銀行は低金利、消費者金融は金利が高いと思っている人は多く、できれば銀行で3万円借りれたらと考えることでしょうね。

 

それでも3万円程度の金額ならば給料日に一括返済も可能と言えますし、例えば30日間お金借りたとしても利息は500円にも満たない金額であり、消費者金融でキャッシングした場合にも同様となります。

 

また消費者金融では大手ならば30日間無利息サービスがある所もありますので、初めてキャッシングを利用するのであればおすすめとなります。

 

また大手のキャッシングサービスならば、万が一返済が遅れた場合でも法律に沿った取り立てをしているので安心してくださいね。